仕事探し

【探し方】虚弱体質・病弱の仕事選びアドバイス-歯科医院編

病弱・虚弱体質の仕事 (歯科助手)

 

◆この記事の説明◆

元虚弱体質の筆者が、疲れやすい人に向けて「仕事選びアドバイス」を書いたものです。

  • 体力がない人
  • 鬱(うつ)の人
  • 体が弱い人

が、仕事を考えるとき、仕事探しに悩んだときに参考にしてください☆

ぜんぶ、鬱の時の実際の経験をもとに書いています^^

 

 

仕事を始めようと思った時、

病弱虚弱体質の人や体が弱くて悩んでいる人は、

「キツくない仕事か」

「自分でも続けられそうな職場をどうやって探せばいいのか」

仕事選びは色々不安ですよね。

 

そんな方に向けて、

元虚弱体質で体が弱い私の「実経験」を元に、

  • その職場を選んだ理由
  • 働いてみて「良かったポイント」
  • その仕事を選んで「後悔したポイント」
  • 辞めた本当の理由
  • 職場選びのアドバイス

 

など、職業別に語っていこうと思います!

そんな職場選びシリーズ、第3弾は、「歯科助手編」!

病弱・虚弱体質な人、仕事しようと思ったら、是非読んでみてくださーい^^

 

 

リスさん
リスさん
歯科助手って資格いるんでしょ?何か難しそう!
リスねえ
リスねえ
実は、誰でもできる仕事もあるんだよ!その辺も話していくね!
結論!

◆おススメの歯科医院の選び方アドバイス◆

  1. 無理のない勤務時間の歯科医院を選ぶ。
  2. 体調が安定しない人は、スタッフ多めのところを選ぶ。
  3. スタッフ同士仲が良いところ。(連携プレーが多いです)
  4. 最初は丁寧に教えてくれる歯科医院
  5. 先生に質問しやすい歯科医院
  6. 一気にキャリアアップ狙うなら受付兼助手

どんな歯科医院で助手やってたのか?

私の過去約20個の仕事のなかで、

最長に続いたのが歯科助手でした。

1つは、規模が大きな歯科医院A

もう1つは、少人数制の歯科医院Bでした。

どちらもそれぞれの良さがありました。

歯科医院を選んだ理由

正直単なる興味でした。

色んなバイトに慣れてきたので、目新しい仕事や面白い仕事をしたかったからです。

そんなときに、「歯科助手」の仕事が目に飛び込んできました!

 

そこであなたに質問なのですが、

「医療現場の裏側」って、興味ありませんか??

 

普通、医療職を本格的に目指すか医者になる以外は

医療現場に立ち会える機会はなかなかありません。

 

でも、歯科助手は資格がなくっても出来る仕事だったようで、

アルバイトでも、未経験でも募集をしていました。

「これは、就職する前に経験しとかないと損するわ!」

と、思い、

1番多様な勤務形態がある歯科医院を選ぶことにしました。

歯医者イメージ1

良かったこと

1、重たいものを持たない

今までの仕事「飲食」「菓子販売」の中では、1番重いものを持たなくても済みました。

重たいものを持つのが本当に苦手な人には、超お勧めです!

虚弱体質でも、体が弱くても疲れにくいです!

 

2、歯や健康の知識が増える。

 

これは虚弱体質・病弱には最強のメリットでした!

 

週に何回も会う機会があって、

しかも何でも聞ける人が医者って

控え目に言って、最高過ぎですよ?

 

「口内炎になってさー、どうやったら早く治るの?」

「歯茎が腫れるんだけど、原因ってなんかあるの?」

とか。

普段は病院に行った「ついで」に聞く程度の、

ちょっとした質問や悩みもすぐ聞いてもらえるし、

 

「抗生物質ってさー」みたいな、歯科医院でも使う

薬の話なら何でも答えてくれるし、

かなり病弱・虚弱体質にはありがたい職場です!!

 

先生とそこまで話す機会がなかったとしても、

患者さんへの治療の説明をしている傍にずっと立ってる訳なので、

知らず知らずの間に歯の知識は確実につきます。

 

そして、聞けるだけではなくって、実際の口腔内も見たり

カルテも見られるので、かなり勉強になります。

しかも何通りも見られるし、

そして、患者さんの実体験談つきで知れます

普通、自分が体験しないと見れない

症例が何通りも見られるって凄いことです。

虚弱体質・体が弱い人は自身の健康にためのことなら

何でも積極的に知識を吸収出来るのでは?と思います。

歯医者イメージ2

3、仕事の動作のバランスが良くて、疲れ方が楽。

歯科助手って、動く割に体が楽!です。

それは、1日の中でいろんな動きが適度にあるからなんです。

もちろん、虚弱体質でも、体が弱い人でも

疲れが出にくいと私は思いました。

それは、

  • 動き回ってばかりでもなく、ずっと座りっぱなしでもない
  • ずっと話さないといけない訳でもないし、ずっと黙ってる訳でもない。
  • 一気に集中する仕事もあるし、籠って黙々とこなす作業もあるし、
  • ルーチンワークもあれば、石膏を流して歯の模型を作るような面白い作業もあり

という、絶様な仕事バランス!

 

よって、

  • 飽きない
  • 適度に話すのでストレスがたまらない
  • でも話す時間が少ないからしゃべり疲れしない。
  • 適度にリフレッシュできる
  • 足がむくまない
  • 手も足も程よい適度な運動量で、体がとても楽!

色々仕事をしましたが、心身ともにバランスの良い仕事は、なかなかないです。

 

4、医院によって診察時間が様々。働きたい時間が選べる。

医院は、コンビニより沢山あると言われているので、探すと

色んな時間帯で募集しています。

  • 午前中だけor午後だけor1日通して
  • 土日もor平日だけ
  • 夜遅くまでor夕方まで

もあるし本当に様々です。

これは、虚弱体質でも、そうでない人でもとても有難いことですよね^^

中でも、「10時から5時まで」等の絶妙な時間だけ

入れる歯科も多いのも特徴です。

この時間は

主婦業との掛け持ちや子供がいたりしても働きやすい時間帯だし、

何より生活バランスが保たれて、虚弱体質な人には最高の時間帯です。

 

夜や土日の歯医者は混むので忙しかったりするので、

いつでもゆったり仕事したい人にもおすすめの時間帯です。

都合のいい時間で働けるのって本当にありがたいですね。

5、受付と助手の兼任求人は、一気にキャリアを積める

小規模の歯医者さんで働くことになったら、

歯科助手と受付をどちらもこなすこともあります。

アシスタントもするし、電話に出たり、器具消毒もするし、お会計もするし

 

仕事が多岐にわたりますが、

ニッチなキャリアが一気に2つも身につきます。

 

私は2種類の職種に就いてみて、受付よりも助手の方が好きだと分かりました。

今度は助手専門で働こうと思ったし、

受付の方が向いていると感じていたなら、

今後、他の分野でも受付にチャレンジしてみるという判断もできます。

特にクリニック系だと転職は合格しやすいと思います。

歯医者イメージ3

6、1度経験すると、次の職場でも楽々に働ける

色々と覚えた知識は、無駄になりません!!

次の職場でも、やることはほぼ一緒。

 

使う物も一緒で、置いてある場所が変わるくらいです。

他の仕事と違ってかなり働きやすいです。

虚弱体質・体の弱い人・鬱の人、、、

どの仕事でも最初はとっても気を遣い消耗します。

できるだけ、使えるキャリアを積み上げていきましょう!

7、無料で歯のケアをしてもらえることも!

私の働いていた歯科医院では、皆が仲良しだったため、

お昼休みに衛生士さんに歯石とりしてもらったり

ホワイトニングの新製品をお試しさせてもらえました。

(患者さんに試す前に、スタッフレビューや、練習台になるためです)

 

通常、ホワイトニングの液代金だけで○万するものだったので、

超!オイシイ話でした。

 

こういうのはなかなか無いですよね!

歯医者イメージ4

8、ノーメイクでOK

これは働いてみて気付いたことですが、

マスクにファンデーションとかがくっついてしまうので

ベースメイクはしなくてもいいかと思います。

 

また、マスクでほとんど顔が隠れるので

アイメイクだけしていれば、それなりに見えますので

普段からメイクが苦手な人には超お勧めの職場です。

虚弱体質な人の中には、肌が弱い人も多いのではないかと思います。

お肌が敏感な人には、かなり嬉しいメリットですね!

デメリット

1、専門用語や専門知識を最初に覚えないといけない

機械の名前、器具の名前、一般的な治療の名前、略称・・・

いろいろと覚えることがあります。

そして器具の名前を覚えたら、

どういう作業の時に使うのか・渡し方とタイミングなど、

活用の仕方を覚えることになります

1つ1つ覚えるのは結構大変なので、

もしお手伝いできないことに焦りを感じるひとは、

最初は積極的にシフトに入って覚えることをお勧めします。

 

どのくらいで基本の流れを習得出来て楽に働けるようになったかというと、

私は、週に1回の勤務で2~3か月後に楽になりました。

虚弱体質の人、気疲れタイプの人は、早めに仕事に慣れて

自分の力で働きやすくしましょう!

歯医者イメージ5

2、臨機応変さが求められる

この仕事は、

患者さんによって、

ドクターによって、

自分のやるべきことが異なります。

例えば、虫歯治療の予定で来院している患者さんが

急きょ全然違う治療になったりとか。

ドクターによって、器具の選び方が違ってたりとか。

驚くこともありますが、

その時々で、求められることを汲んで作業することになります。

 

また、行動を先読みして「読み」や「勘」が当たって、評価されたりするのが

私はとても好きでした。

とにかくいつも新しい発見がある仕事なので、

飽き性の方、興味があることについて楽しんで覚えられるタイプの人には

とてもお勧めの仕事です。

でも反対に、ルーチンワークしかしたくない!っていう人には助手はお勧めしません。

苦手な人もいるかもしれないので、デメリットとして書きました。

歯医者イメージ7

3、治療のサポートはグロい時がある

これは医療系を受けるときには

ある程度仕方のないことと思って覚悟しててください。

やはり人体を扱うので、血を見たり、抜けて歯を見たり、

触ったりします。(もちろん、手袋上でです)

私も結構血が苦手でしたが

相当なグロ嫌いな人以外は慣れます!!

 

そして、今まで新人さんを20人くらいは教育してきましたが、

グロ嫌いで原因で辞めた人は居ませんでした。

意外と慣れるもんだと思いますが、重度のグロ嫌いの人は医療系は避けましょう!

4、細かい作業が嫌いな人はストレスがたまる

歯科は、医療関係の中でも特に細かい作業が多いです。

小さいものを磨いたり、洗ったり、練ったりします。

 

細かい作業や、物作りが好きな人は向いているのですが、

繊細な作業が大嫌いな人は避けた方がいいと思います。

虚弱体質で体のストレス以外に、精神的なストレスがあれば

仕事は続きません。

あ、不器用さんでも、よっぽどじゃない限りは務まりますよ!

 

ちなみに、これが原因で辞めた人も、今までに居ませんでしたので、

「よっぽど自信がない」人以外は大丈夫だと思います。

歯医者イメージ6

まとめ

歯科助手は、

一見難しそうでなかなかハードルが高い仕事だと思いますが、

虚弱体質や病弱な人には、

自分の健康管理にも役立って、1石2鳥の仕事です。

初めは、覚えることがいっぱいでも、覚えた知識は無駄になりません。

是非、体が弱い虚弱体質の人だけではなく、

飽き性や健康に興味がある人も働いてみてください♪

 

◆こういう人にお勧め◆
  • 健康に興味がある
  • 健康知識を覚えるのに苦手意識がない人
  • マニュアル通りの働き方より、臨機応変に働きたい
  • 座りっぱなしが辛い人
  • 重たいものを持つのが嫌な人
  • 出来るだけメイクせず働きたい人
  • 働ける時間が限られている人
お得情報<バイト始めるなら、まずはココ!>

→ 採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

  1. 最短1日で、最高1万円等のお祝い金が「どんなバイトでも」貰えるサイトです。
  2. 同じ仕事を始めるなら、お祝い金貰って働いてね!!


\まだ、本を買ってるの!?/

Amazonの『Kindle Unlimited』なら、
本、漫画や雑誌などの本が何冊でも読み放題!

スマホでも読み・試し読みもOK!
読み放題タイトルはこちら

もっと詳しく見る >>

POSTED COMMENT

  1. […] ◯しごと探しで参考になる記事 ・【探し方】虚弱体質・病弱の仕事選びアドバイス-飲食店編 ・【探し方】虚弱体質・病弱の仕事選びアドバイス-歯科医院編 […]

  2. […] →第3弾「歯科医院(歯科助手・受付)編」はこちら。 […]

  3. […] →第3弾「歯科医院(歯科助手・受付)編」はこちら。 […]

  4. […] →第3弾「歯科医院(歯科助手・受付)編」はこちら。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!