仕事探し

【病弱・虚弱体質の仕事】人と話すのが好きな人におすすめの仕事3選

病弱・虚弱体質の仕事 人と話すのが好き
この記事の説明

この記事は、病弱虚弱体質で人と話すのが好きなタイプの人におすすめ仕事を3つご紹介しています。それぞれの仕事をおすすめする理由もまとめました。

合わない職場はストレスで疲れてしまうので、出来るだけ自分の出来そうな仕事を見つけてみてください。

リスさん
リスさん
病弱・虚弱体質の人におすすめの仕事ってなに?
リスねえ
リスねえ
性格によるよね~~! 

病弱・虚弱体質の人におすすめの仕事って?

病弱や虚弱体質な人って、「自分が何の仕事だと働けるのか」って、結構悩んでいる人も多いと思います。

でも、人の性格はそれぞれ違いますので、

「病弱・虚弱体質の人におすすめの仕事はどれ?」と一概に即答できないなと感じています。

なぜなら、性格によって疲れ(=ストレス)のポイントはそれぞれ違うのではと思うからです。また、それに付随して長く働ける仕事は違うのではないかと思います。

 

そこで、今までいろんな仕事を経験してきた病弱・虚弱体質の私が、「人と話すのが好きな病弱・虚弱体質の人」におすすめの仕事はどれか?という観点から、

おすすめの仕事をご紹介していきます。

リスねえ
リスねえ
未経験でも働ける職種に絞ってます!
役所イメージ2

人と話をするのが好きな病弱・虚弱体質さんにおすすめの仕事は?

病弱・虚弱体質の人で疲れやすくっても、人とお話をすることが好きな人はいますよね。

私も、結構人と話すのは好きで、休みの日はカフェで友達と話すのが一番のストレス解消です♪

おすすめの仕事を3つに絞ってをご紹介します。

1、人と話をするのが好きな病弱・虚弱体質さんにおすすめの職業「キャンペーンガール/イベントコンパニオン」

「人と話をする仕事」と言っても、「営業トークを永遠とする仕事」は苦手な人が多く、少々ハードルが高いのではと思います。

「人と話す」って、わりと自由に話しても許される雰囲気っていうのが一番大事なのでは?と思うわけです。

その観点からいうと、雑談が重要視されるキャンペーンガールやイベントコンパニオンは、最高の職場です。

なんなら、「雑談することが仕事」と言ってもいいかもしれません。

何故かというと、イベントを盛り上げるのが一番の仕事だからです。

もちろん節度を守る必要はありますが、

楽しいイベント中ぶっきらぼうに立ちっぱなしのコンパニオンよりも、どう考えてもお客さんと一体になって楽しんでるコンパニオンの方がいいに決まっています。

そのための雑談は、クライアントさんの評価にも繋がり、直接契約や高単価も狙えますよ~☆

 

病弱・虚弱体質でも、毎回違う衣装を着てテンション上げたい人や、笑顔に自信がある人はおすすめの仕事ですよ!

ガッツポーズしている人

 

詳しい仕事体験談や、仕事のメリット・デメリットは、こちらをご覧ください☆

病弱・虚弱体質が飛び込み営業をした仕事経験談
【探し方】虚弱体質・病弱の仕事選びアドバイス-キャンギャル編生まれつき病弱で虚弱体質な筆者が色々な仕事に挑戦してみた体験談と、働いてみて感じたメリットとデメリットをもとに、おすすめの職場アドバイスします。仕事を休みがちで辛い・仕事が辛い・どの仕事が自分に向いているのかが分からない人に向けて書きました。仕事選びで失敗したくない人に読んでもらえればと思います。...

2、人と話をするのが好きな病弱・虚弱体質さんにおすすめの職業「家庭教師」

人とお話しをするのが好きな病弱・虚弱体質人の中でも、初対面の人と話をするのが苦手な人もいるかと思います。

そういう人におすすめの仕事は、家庭教師の仕事です。

こちらは、少人数の人と長期間に亘って関係を築いていくのが好きな人にピッタリです。

 

また、生徒さんと良い関係を築くことが仕事の一部と言っても過言ではありません。

宿題の進捗状況や、どこの問題がどういう風に難しいと感じているのか?など、必要なことの聞き取りももちろんしなければいけませんが、

勉強を取り巻く環境の事や家族の事など、生徒の悩みを聞いて信頼関係を築いていくことも重要な仕事です。

そこで、あなたの強みが活かせられるのではと思います。

目標に向かって日々頑張っている生徒さんを見ると、自分も一緒に成長していけるし、とってもいい仕事です。

座り仕事が好きな人にはお勧めですよ。

詳しい仕事の体験談は、こちらにまとめています。

病弱・虚弱体質の仕事 (家庭教師)
【探し方】虚弱体質・病弱の仕事選びアドバイス-家庭教師編虚弱体質、病弱が働いてみたらこうなった!シリーズ家庭教師編。元虚弱体質・病弱な筆者が家庭教師として実際働いてみて「働いてみて良かった点」「仕事選び失敗した点」「辞めた本当の理由」「職場選びアドバイス」を職業別に語っています。体が弱くて働けない人必見!...

3、人と話をするのが好きな病弱・虚弱体質さんにおすすめの職業「販売員」

販売員の仕事は、色々なお店で募集をしているので興味を持っている病弱・虚弱体質の人も多いのではと思います。

販売員の仕事の良さは、

「はじめまして」の人に自分の紹介した商品を買ってもらうことが出来、購入からお渡しまでを対応出来るところにあると言えます。

 

一方、キャンペーンガールは、初対面の多数の人に接遇をし、販売のための誘導するまでが仕事であることが多く、

お客さんに直接商品をおすすめする仕事は別の人にお任せすることが多く、最後までお客様を対応できることは多くはありません。

また、家庭教師は毎回決まった生徒さんと1対1等で根気よく向き合うというのが特徴で、新しい人との触れ合いはないので新鮮味には欠ける部分もあるかと思います。

他の仕事に比べてスキルが身につかないのでは?と思いますが、販売の仕事は単にモノを売るだけではないので良いところが沢山あります。

 

とにかく立ちっぱなしが嫌いな人はおすすめしませんが、

自分の好きなブランドや自分のお店がある人は、お客さんと趣味を共有できるのでとても楽しく働けると思いますよ。

リスさん
リスさん
ねえさんは、食いしん坊だからお菓子のお店ばっかり選んだんだね。笑 
リスねえ
リスねえ
お菓子は、見てるだけで楽しかったし、

好きなブランドの新作を誰よりも早く食べれて超うれしかったよ~~

リスさん
リスさん
たしかに、社割ってあこがれるなあー! 
お菓子ショーケース画像

疲れにくい販売の職場を選ぶポイントは、こちらの記事にまとめています。

病弱・虚弱体質の仕事 (販売員)
【探し方】虚弱体質・病弱の仕事選びアドバイス-販売員編虚弱体質、病弱が働いてみたらこうなった!シリーズ販売員編。元虚弱体質・病弱な筆者が実際働いてみて「働いてみて良かった点」「仕事選び失敗した点」「辞めた本当の理由」「職場選びアドバイス」を職業別に語っています。体が弱くても働きたい人必見!...

人と話をするのが好きな病弱・虚弱体質さんにおすすめの仕事まとめ

人と話をして気持ちがリラックスしたり、楽しいなと感じる人は、たとえ病弱・虚弱体質でも、

「疲れにくい」ことだけでなく、お客さん達と割と話しが出来る職場にも焦点を当てて職探しをしてほしいなと思います。

 

なぜなら、「話す」って一般的に疲れる行為だけど、話すことが好きな人は例え仕事であっても話をすることでストレス解消にもなり得るからです。

 

せっかくなら、私語厳禁の職場に行ってストレス疲れをするより、

仕事で人と話して触れ合って、ストレス発散しながら働くほうが精神衛生上いいのではないか?

と個人的に感じています。

体が弱いからと、好きな仕事に応募をするのに自信が持てない人もいるかもしれませんが、是非、あなたの強みを生かしてほしいと感じています。

仕事の体験談を参考にしていただき、気を付けるべきポイントに注意して、いきいきと働いてもらえば幸いです。

 

仕事経験談一覧に戻る
仕事経験アイキャッチ画像
【経験談】虚弱体質・病弱な人って、ぶっちゃけどんな仕事をしてる?病弱・虚弱体質が故に、色んな仕事にチャレンジしたものの失敗を繰り返してきた筆者の経験談、そして「実際働いてみてどうだったか?」「辞めた理由」「何が失敗だったのか」等についての記事です。仕事選びを考えている人の参考にしてもらえればと思います。...
マイペースな人はこちらもおすすめ
【病弱・虚弱体質の仕事】マイペースな人におすすめの仕事3選この記事は、疲れやすい人、病弱・虚弱体質でマイペースに仕事がしたい人におすすめの仕事を3つご紹介しています。それぞれの仕事についておすすめの理由もまとめました。合わない職場はストレスで疲れてしまうので、出来るだけ自分の出来そうな仕事を見つけてみてください。...


\まだ、本を買ってるの!?/

Amazonの『Kindle Unlimited』なら、
本、漫画や雑誌などの本が何冊でも読み放題!

スマホでも読み・試し読みもOK!
読み放題タイトルはこちら

もっと詳しく見る >>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!