食べ物・飲み物

【小麦アレルギーの謎】外国人が毎日小麦を食べても平気な理由

外人が小麦アレルギーにならない理由
記事の説明

日本で小麦アレルギーが増加してきましたが、「何故外国人は毎日小麦ばかり食べても平気なのか?」という疑問について、お話しします。

専門書での知識だけでなく、小麦アレルギー軽度の筆者が実際海外に滞在した時に気づいた「アレルギーを回避させている意外な理由」も執筆しています。

小麦アレルギーは、気づきにくい症状なのに日本でも自覚を持つ人も増加しています。

その症状が多岐に亘るにも関わらず増加しており、「グルテンフリー」という食品の取り扱いも増え

もはや健康感度が高い人の中では社会現象にもなりつつあります。

そこで疑問に思うのが、「なぜ外国人の人は毎日食べているのにアレルギーにならないの?」ということ。

体の負担になりやすい小麦を毎日食べているのに、不思議ですよね。


外国人は日本人と腸の長さが違うから小麦アレルギーになりにくい

小麦アレルギーの原因についてはこちらで解説しましたが、小麦アレルギーは、小麦は排泄の時にとても手間がかかる食品ということも原因の1つです。

排泄が出来ないとなると便秘になったり、腹痛やら色々な症状が出てしまいます。

でも、ここでも実は外国人との体の違いによりアレルギーのなりやすさが異なってきます。

その体の違いとは、その排出のための器官(腸)が日本人は長く、外国人は腸が短いという事。

簡単に言って腸が短いという事は、体の中のゴミが溜まりにくいということが言えます。

リスさん
リスさん
なるほど、便を運び出すための道が短いと、体も楽に排出できるんだね。
リスねえ
リスねえ
日本人は発酵食品が身近にあったりヘルシーな食事が多くって、

昔はこの腸の長さが問題にならなかったんだよね。

これは目立った日本人と外国人の違いになります。

外国人は元々の体の遺伝子が、「小麦耐性がある」から小麦アレルギーになりにくい

何故外国人は小麦アレルギーになりにくいか?の謎を解き明かす2つ目のポイントは、

腸以外にも体の遺伝子が違い、元々体が小麦粉を受け入れやすい構造をしているからです。

前回もお伝えしましたが、やはり、ご先祖様の代から小麦の国で生まれたなりの体の構造をしているから小麦耐性があるのです。

例え日本人と同じ数だけ胃や腸やら消化器官があったとしても、消化酵素や、腸内細菌など、その中身が大きく異なるのです。

しかし、近年は、その耐性がある人でも小麦アレルギーになりやすくなっている事が問題になっているのが恐ろしいところです。

今後は日本人だけでなく、こういった小麦耐性がある人でも今後アレルギーは増えていくのではないかというところが問題視されています。

小麦アレルギー増加の原因
【恐ろしい現実】小麦アレルギー増加の原因は?海外でも増加の恐怖小麦アレルギーは気づきにくいのに、何故増えているのでしょうか。小麦アレルギーの人が増えている原因はどうしてなのか?海外でも増えている理由もお話しします。...

外国では住環境や生活習慣が違い、小麦アレルギーになりにくい

他にも、専門書を読み進めるうちに「外国では少なからず日本と違った環境があるので、小麦アレルギーになりにくい」

といった記述が多くありましたが、具体的にどう違うのだろうというのが私なりに疑問ではありました。

それは、先ほどのように先ほど体の違いもありますが、やはり住環境やライフスタイルにも隠されており、

見えない部分や語り切れない部分もあるのだと感じます。

そこで、筆者が実際小麦が主食の国イタリアに滞在した際、小麦アレルギーになりにくい理由として実感した事がいくつかありました。

その中の分かりやすい2つについてお話ししようと思います。

外国人が小麦アレルギーになりにくいのは、水の性質が違う事

筆者も軽度ではあるものの小麦アレルギーを持ちながらの滞在だったので、

さぞかし滞在中はアレルギーに悩まされるんじゃないかと思っていたのに、何故かイタリアでは3食小麦を食べていたのにも関わらず、

小麦アレルギーの症状が出なかったのです。(特に便秘薬や頭痛薬も飲まずに滞在していました)

しかし、特に料理はいい意味で日本と大きく変わらずだったので特別な調味料が使用されている訳ではないと分かりました。

そこで、気づいたのが「水の性質が全く違うこと」

地域にもよりましたが、サーブされたのはトロットロのお水です。これは日本と同じ条件ではないなと思いました。

リスさん
リスさん
海外じゃ日本のシャンプーが泡立たないとかよく聞くよね! 
リスねえ
リスねえ
そうそう!

それが、小麦との相性が良かったんじゃないかってこと! 

トロットロの硬水は体にもたらす作用が軟水とは異なります。

強力な排出作用を持つお水では、小麦を同じ量食べたとしても体への溜まり方等の作用が違うのだなと思いました。

リスさん
リスさん
コース料理とかだから、メインで小麦をあまり食べないんじゃないの? 
リスねえ
リスねえ
そう思うよね。

でも、向こうは前菜を食べた後できっちりパスタを1人前を食べていたので、小麦の消費量は同じ食事でも圧倒的に多かったですよ。

コーヒーの飲む量や頻度の違いなどライフスタイルの違い

お水の他にも、圧倒的に違うなと思ったのが、1日におけるカフェの利用回数。

こちらもお国によりますが、イタリアでは普通1日5~7回カフェに行き、コーヒーを楽しむことを知りました。

滞在中もありとあらゆる場所でカフェがあり、皆さんエスプレッソをひっかけて帰っていました。

「コーヒー」というと、エスプレッソが普通のコーヒーのようで、日本で飲んでいる「ブレンド」や「アメリカン」はお店にはありません。

(コーヒーの中でも、エスプレッソってめちゃめちゃ濃く作ったコーヒーなのですが)

エスプレッソを飲みまくる生活は、なかなか日本にはありませんね。日本じゃエスプレッソを置いているお店も少ないくらいです。

特に、日本人には馴染みがないし、もし飲んだとしても腸等への刺激が強すぎると思います。

しかし、それくらいの刺激があるからこそ、小麦を大量に食べてもすんなり排出出来るのかもしれないなと思いました。

こういったライフスタイルの1つ1つの違いが、体質の違いになってくるのだなと実感しました。

小麦アレルギーか診断したい人はこちらもおすすめです。

何故外国人は毎日小麦を食べても平気なの?まとめ

私のイタリアに滞在したときの話も交えて書いてみましたが、小麦と相性の良い生活習慣や環境が、今日までの体質を作っていたんだと実感しました。

特に、私の滞在したイタリアでは、「米」を食べた事が無い人すら結構多いと聞き、かなり驚きでした。

訪れる前までは、体質の違いがあるとはいえ、何故外国人が3食小麦を食べても症状が出にくいのか?とても疑問でしたが、

実際訪れてみると、小麦と上手く付き合える理由が色々と見えてきました。

特に、小麦アレルギーの専門書をたくさん読んでいるにも関わらず書かれていない部分もあり、実際訪れてみて大変勉強になりました。

実際の生活習慣の違いが見えてきて、どう小麦と付き合えばいいのか?考えさせられました。

【小麦アレルギー軽度】小麦を諦めずに症状を緩和させるコツ ◆この記事の紹介◆ 小麦アレルギーの症状が出ている人に向けた記事です。 完全にグルテンフリーになれない人に向けて、小麦アレルギー(...
小麦アレルギーのまとめはこちら
小麦アレルギーまとめ
【小麦アレルギーまとめ】症状・原因・検査・治し方|大人も要注意最近大人でも増えている小麦アレルギーの症状・原因・検査・診断・治し方や小麦との上手な付き合い方について専門書の内容を分かりやすくまとめました。小麦アレルギーの原因となるメカニズムや、自分でもアレルギー持ちか診断する方法や、対処法、小麦アレルギーの疑問等をまとめています。...

 

\参加中のランキング/

にほんブログ村 健康ブログ 虚弱体質へにほんブログ村 >>

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村 >>

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 >>



\まだ、本を買ってるの!?/

Amazonの『Kindle Unlimited』なら、
本、漫画や雑誌などの本が何冊でも読み放題!

スマホでも読み・試し読みもOK!
読み放題タイトルはこちら

もっと詳しく見る >>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!