病弱・虚弱体質×仕事

体を壊したり鬱で夢だった仕事を諦めたけど、本当に良かったかどうか

◆この記事の説明◆

この記事は、自分に合った仕事ってなんだろう?と悩んでいる人や、体が弱い人が人生の選択で悩んだ時に読んで欲しい記事です。

私が夢を諦め今の仕事を選ぶまでの悩みや葛藤したことについてや、この仕事を選んだ理由、この仕事を選んで良かったかについて書いています。

リスさん
リスさん
りす姐さん、今はどういう所で働いてるの? 
リス姐
リス姐
今は、公的機関で働いてるよ♪公務員の事務職をイメージしてもらうといいよ!

本当に体が弱い人は、人生の選択で「本当にこれで良いのか?」と度々戸惑うことがあるのでは?と思います。

 

あくまでも私の持論ですが、

体が弱かったり将来に不安がある人は、皆それぞれ事情を抱えているのではないかと私は思うからです。

 

仕事を選ぶときだってそうなのでは?と思うのです。

 

今は公的機関に7年勤めている私ですが、

何も知らない人からすると「安定した生活を送れていいなー」とか思われるかもしれません。

しかし、実は私が元からやりたかった仕事ではありません。

実は、今の仕事は、「自分の夢を諦めたからこそ出会った職場」です。

 

今では、体が弱くて休みがちでも7年勤めていられる今の職場には、本当に出会えてよかったなーと思いますが、

これは、単なる結果に過ぎません。

 

結論から言うと私の場合は必要に迫られて考え方が変わり、今の職場を選びました。

でも後悔は一切ありませんし、今ではこの選択で良かったと思っています。

 

私の場合は少し特殊かもしれませんが、

体が弱いながらも色んな葛藤を乗り越えて今の職を選んだきっかけをお話します。

 

あなたが何か悩んだ時、何かの材料足しになれればと思い、筆を取りました。

 

リスさん
リスさん
姐さん、本当は何になりたかったの? 

 

リス姐
リス姐
百貨店のバイヤーか教員になりたかったよ!

百貨店のバイヤーか教員になる夢を諦め公務員を目指した理由は、「大学生での出来事」だった

私は本来4年で卒業して、希望の就職先である、教員か百貨店のバイヤーに就職するつもりでした。

 

百貨店のバイヤーは、
世の中の埋もれている良い商品を自分が探して来ることでお客さんや生産者の人に喜んで貰える素敵な仕事だなと思っていたし、

教員は、
面倒見がいいよと言われることが多かったから、向いてる仕事なのかな?と興味がありました。

しかし、大学時代に訳あって人生が一変してしまい、人生が変わってしまいました。

結果、色々な葛藤がありながらもこれらの夢を諦め現在の公的機関を目指すことになりました。

私は大学を5年通い、卒業後は就職浪人しながらフリーターしてから今の会社に入社しています。

教員やバイヤーを目指すことなく、公的機関をなぜ受けたのか??

そのキッカケとなった「訳」からお話します。

大学時代は途中までバイヤーと教員を目指していた

私は、4年後に教員か百貨店のバイヤーになるつもりで大学に通っており、単位も人一倍取ってかなり真面目に大学生をしていました。

 

学科が日本で有名な「超スパルタ」だったのと、指導教官が鬼なことも結構有名で、いつも課題や先生のお世話に追われて比較的体育会系な大学生活でした。

バイトも殆どする時間もなかったので、かなり勉強熱心で世間でのイメージの大学生とはほど遠かったとは思います。

 

国立の大学だったので、周りの友人はは見た目も性格もガリ勉っぽくて(中途半端な国立だったので性格も中途半端に堅いと感じて)多少のつまらなさを感じていたため、

大学友達とはそこそこに仲良くし、土日やその他は他のコミュニティーを作るようにしていて忙しいながらも自分なりに心身のバランスを取るようにしていました。

 

相変わらず体が弱かったので、しんどかったら大学は休んだりしましたが、それを差し置いてもものすごく真面目に通っていました。

一見、順調そうに見える大学生だったかと思いますが、大学で私の人生がかなり変わってしまいました。

途中で倒れたことをキッカケに夢や生活が一変した

キッカケは、3年生のある日、大学の構内でぶっ倒れてしまい、いきなり寝たきりになってしまったことから始まります。

その日、私は普通に大学で友達と話をしていた所、いきなり倒れてしまいました。

倒れた理由はストレス。

ストレスの原因は大学教員からのパワハラ・アカハラと過労、家族との不仲です。

 

本当に今考えてもゾッとして恐ろしいですが、
倒れたその日から、声も出なくなり、体が痺れて動けなくなりました。

鉛のように体が重くて自力で指も足も動かない「目が開くだけの植物人間」生活に突入しました。

自宅から大学に通っていたため、その後親が呼び出され、倒れた日から自宅に体をひきとられました。

しかし、植物人間が2週間くらい続いた所で、それまで上手くいっていなかった家族とは「絶縁」を決意し家出を決意しました。

 

それは、家族からの暴力暴言があり、体が動かなかったため、反撃したり身を守ったり(心身の)保身が出来ず命の危険を感じたからです。

その時の私は、帯状疱疹で体中が痺れて思うように動きませんでしたし、
寝たきりでボコボコに殴られていたため体が痣だらけで痛かったし、
ご飯も飲み物も与えて貰えずずっと罵倒されていたので神経衰弱しきっていました。

 

でも、私は当時付き合いたての(社会人の)彼が居たため、助かりました。

親の居ぬ間に彼に電話をかけてSOSを出したところ、仕事を当日欠勤して駆けつけてくれたので、貯金の1万円だけ握りしめて家出をしました。

 

その後、病人のまま彼氏の家に居候をさせてもらいました。

そこで、やっとちゃんと安心して眠れるようになりました。

生活が一変して初めて自分自身の本音を見つめ直すことになった

 

家出をしたものの、鬱も治らずずっと寝たきりでは申し訳ないので、バイトを始めました。

 

バリバリ稼ぐこともできなかったけど、お金までは借りれなかったため、がむしゃらに稼ぐことになりました。

このころ、「もっと働きたいな」と思うけど体が思うように動かずに、ずっと心の中で葛藤がありました。気持ちばかり焦っていきます。

 

ストレスは心の問題だと思っていた私は、体がダメになって倒れるなんて思ってもみませんでした。元々病弱だったのに更に酷くなって絶望的でした。

リス姐
リス姐
何で体が動かないのかと納得がいかず、精神的に辛かったです。

 

でも、夜になると思うのです。

 

「バイヤーや教員になりたいけど、他の仕事よりも体力仕事でハードと経験者は言うし、このままの体の弱い自分で社会人として生活かけてやっていけるのか?」

 

「現状、必死でバイヤーや教員に仮になれたとしても続けられない可能性の方が正直高い。それで転職をする覚悟はあるか?」

 

また、その頃彼の希望を聞かずにバイトを詰めまくり、バイト以外は疲れて寝る生活で、彼のデートは毎回お断りしていました。

 

「人より体力が無いのに無理な仕事を続けたら、自分は仕事以外のことに余裕が見いだせない。がむしゃらにやりたいことだけで周りも幸せに出来るのか?」

「体が元々弱いのに、そこまでして好きな仕事を選ぶことが自分にとっての幸せなのか?」

「自分にその仕事は合っているのか?」

「自分に合った仕事ってなんだろう?」

 

このように悩みが頭から離れませんでした。

 

この間の生活がきっかけで「職業観」が変わり、「なりたい職業」が良く分からなくなり、自分自身を見つめることになりました。

リスさん
リスさん
「なりたい仕事」、「出来る仕事」って違うのかな? 

生活苦に疲れ、「その日暮らし」から抜け出したいと思うようになった

色々悩みながらも就職活動だけを専念できる訳もなく、

とにかく高額なバイトで生計を立てなければいけなくなりました。

夜のお仕事は高額報酬だけど不安定な給与体系なので、

体を壊していてあんまり働けない私は毎日生活費を稼げるか「賭け」のような崖っぷちのメンタルでした。

 

お金だけは頼れなかったため

「明日のご飯が買えるか」

「一週間後はご飯を食べれているか」ずっと気にして生活するのは本当に辛く、

給料が安くてもいいから、まずは毎日安定した生活が送りたいと思うようになりました。

リス姐
リス姐
毎日、自分の必要なお金を計算しながら働くのは辛かったな。

「理想を追うのがしんどい」のは「逃げではなく究極の本音」

バイヤーや教員を目指していた自分なのに、楽な方に気持ちが流れている自分ってどうなんだろう。

これは逃げなのかという葛藤もありましたが、

「理想」よりも「今の自分の本音」に焦点を当てると

「少しの間でもいいから、安定して生活できる仕事がしたい。これで自分も楽になるし、余裕も持てる」と強く思うようになりました。

 

リスさん
リスさん
やっと冷静に考えられるようになったのかな 

社会人になったことがまだ1度も無いのに、

今生活に余裕がない自分が最初から「完璧」を求めなくってもいのではないか?

 

「正社員」って言う仕事に何でもいいからなってみて、
そこから自分に本当にあった職場を選ぶのもいいのでは?

と、納得して自分自身を受け入れられるようになりました。

リスさん
リスさん
夢を強く持っていたが故に、自分を客観的に見れるまで、ものすごく時間がかかったんだね。 

「自分にとって一番必要な事は、やりがいではなく身元保証・体を守ること」だから公務員を目指した

鬱で体が動かないままバイトで働いていた私は、

  1. 体を壊しにくそう。
  2. 辞めさせられなさそう。
  3. 女1人でも何があっても細々と働き続けられそう

 

という観点からも仕事を探さないといけないなと感じました。

 

しばらく時間がたてば鬱でしんどい鉛のような体も良くなるだろうと思いましたが、なかなか治らず難航していたからです。

 

そして、その頃、恋愛も雲行きが怪しくなっていたことにも悩んでいました。

(その頃、彼の浮気も疑わしく)ずっと居候をさせて貰う訳にもいかないなと考える状況になってしまいました。

彼と破局をすると、私は身元保証人が完全に居なくなりますし、住むところも失います。

これでどこかの企業のバイヤーで働いたとして、

 

家の審査も通らないリスクまで考えて本当に安心して暮らせるのか?

教員は家の審査が通りそうだけど、翌春に教員になって心も体も壊さない自信はあるか?

 

まずは、自分は無職の身なので、まずは住むところ(賃貸の家)を自力で借りられる身分になることが居一番大事。

体力が無くても続けられることが大事。そうじゃなきゃ、食べていけないじゃない私。

と、身元保証と体力重視で公務員を目指すことにしました。

公務員予備校ローンで更に首が回らなくなったけど頑張りが実ることに

 

就職活動時期は、夜に働く高時給バイトにかなり助けられました。

日中は予備校に行き、夜に稼ぐことが出来るからです。

 

お店では、店長やその他同僚から可愛がってもらう事が出来たので頑張って働く事が出来ました。

でも、元々生活苦だったのに公務員予備校の(安いコースとはいえ)ローン組んだので更に生活は火の車でした。

 

しかし、バイトの合間に勉強をしてなんとか試験に合格して公的機関で内定をもらうことができました。

鬱なのにバイトで体を酷使しており勉強することが難しかったですが、

「高額ローン払ってるんだし」という気持ちの追い込みもあって合格が出来たのだと自負しています。

リスさん
リスさん
やっぱり最後は「気合い」と「ご縁」だったのかな 

 

余談ですが、その時に付き合っていた彼とはその後別れることになりました。

就職先から命じられたのが地方だったため、引越しするまでは住まわせてもらい、地方に引越した頃くらいに正式にお別れをしました。

 

円満別れだったのもあり、引越し先の家の契約で苦労した時にも助けてもらっています。

緊急連絡先だけ借りることにして「内定者」でも家を借りることが出来ました。

彼には感謝しかありません。

<まとめ>夢を諦めて希望と違う職を選んで正解だったのか?

 

以上、夢を諦めて希望と違う職種に就いた私ですが、結論から言うと全く後悔はありません。

これが最大の正解だったと言いきることが出来ます。

 

むしろ、そのまま夢に突っ走っていたとしたら、どうなっていたのか?と思うと、身が縮む思いがします。

その理由は3つあります。

  1. 生まれつき体が弱かったのに人一倍諦めが悪くて理想ばかり追い、体を壊さないと客観的に自分が見られなかったような私のままで、心身ともにハードな仕事をどの程度続けられていたのかは正直分からなかったからです。
  2. また、運よくトントン拍子にハードな仕事に就く事が出来ていたとしたら、体を壊していたのは時間の問題だったかと思うからです。
  3. そして、淡々と行う現在の公的機関で行う事務作業でも、残業が続き実際体を壊しているから、もっと体力仕事だった場合はリタイヤしていて当然だと思うからです。

 

結局楽だと言われている職場でも体を壊したんだったら「本当に今の仕事で良かったとは言えないのでは?」と言われるかもしれませんが

私は、あの時の自分の選択で、後々の自分自身の心も命を救われたと実感しています。

 

それは、

  1. 病気休暇を取っても、ほぼ昇給に差が無く現状給料がもらえていること
  2. 病気休暇制度が保障されており復帰がすんなり出来たこと
  3. 病気にかかっても、通院や他の体の都合でこまめに有給が取れること

の3点でいま十分助かっているからです。

そして、転勤により会社都合の引越しをしたけど、会社名を理由に審査が通らなかったことが無かったから、救われたなと思っています。

まず家が無ければ仕事に行くこともできません。

 

 

既に、自分は、家を出た時に自分で人生の道を作ったのです。

夢にくらんでばかりいて、自分の決意を忘れていたことに気付きました。

 

「私は家出して多少苦労するけど、自分の力だけで生きるようにするんだ。」

「それでも絶対に幸せになるんだ」と。これが私の道でした。

私は夢を諦めたのではなく、早い段階からこの道を選んでいたのです。

 

私の場合の選択肢は少し特殊なものですが、

 

人はすべてを手に入れることはできません。

自分の能力や、置かれた状況など、それぞれ違っています。

だから、それぞれの価値観があるのです。

その中で
自分を一番幸せにしてあげられる選択肢は何だろう?

と、選ばなければいけません。

 

入社して気付いたことですが、一般企業では有給をなかなか取らせてもらえないと聞きますし、

一旦体を壊してもきちんと復帰して真っ当な扱いをしてくれる会社は少ないのでは?という風に思います。

 

私は同僚が休めないような環境で自分だけ休みを取ってばかりでは働けなかったと思うし、心が折れていたと思います。

 

それは私の幸せではないし、

自分は、自分の置かれた状況の中で
自分が安定することで初めて前向きに働くことが出来るタイプだということが客観的に理解できたので、今の職場に出会えて本当に良かったなと感じています。

自分にとって何が一番大事なのか?って、一番難しいけど、

立ち止まって、自分の本音を聞いてあげて欲しいなと思います。

そして、
あなた自身を幸せにしてあげられる選択肢ってなんだろう?

って考えてみて欲しいです。

 

▼いままでの仕事歴公開しています

仕事経験アイキャッチ画像
【経験談】虚弱体質・病弱な人って、ぶっちゃけどんな仕事をしてる? 「病弱・虚弱体質な人って、みんな一体どんな仕事しているのか?」 って、意外と知らないですよね。 なので、今回は、色んな...

 

虚弱体質克服に必要だったこと
虚弱体質を克服するのに必要だった事8つ|生まれつき虚弱を自力改善 ◆この記事の説明◆ 生まれつき病弱・虚弱体質・体が弱いことで悩んでいる人・鬱や自律神経失調症でずっと調子が悪い人・毎日どこ...

 

ランキングに参加しています。
\お役に立てたらポチっと押して欲しいです!/

にほんブログ村 健康ブログ 虚弱体質へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 30代の健康へ
にほんブログ村